著書の感想

著書の感想

イメージ図

読者の方から、本当にたくさんのメッセージを頂いています。
ありがとうございます。

読みたい感想の本のタイトルを選ぶ

投稿日書籍タイトル・感想
2018/06/05 Eさん ( 滋賀県 女性 22才 ) 大富豪からの手紙
一昨日友達との待ち合わせでちょうど時間があったのでふらっと立ち寄った本屋さんで、タイトルと帯に書かれた『大富豪の祖父が残したのは”お金”ではなく、”9つの手紙”だった』という一行になんとなく惹かれてそのまま立ち読みしてみるとどんどん止まらなくなり、かなり吸い込まれていく自分がいました。
その時は時間がなく買えなかったのですが、とても続きが気になり翌日購入しました。
その日のうちに読みきってしまい、心の中にとても熱い何かを感じました。まるで自分に宛てて書かれた手紙のように感じ、今後の人生において忘れたくない言葉たちがいくつもありました。
その後著者の本田健さんの他の書籍を調べると、またも私が惹かれて購入した『ユダヤ人大富豪の教え』がありました。私が直感で選んだこの本たちが偶然にも同じ著者の方だったのはなんだか必然だったのかもしれない、、と思い本田さんのホームページを拝見させていただき、感想を書かせていただきました。ホームページにはとても素敵なコンテンツがたくさんありすごくワクワクしました。なんだかとても心が暖かくなりました。
今回購入した本は今後の人生で何度も繰り返し読み返そう、と読み終わった時に思いました。この本に出会えたこと、こうやって私の思いを伝えれる場があること、そして著者の本田健さんに感謝します。ありがとうございます。
2018/05/28 石崎琢也さん ( 東京都 男性 20才 ) 「ユダヤ人大富豪の教え」(書籍)
この本に出会って自分は今までの自分から変えていきたい!と思いました。自分の職の給与等は比較的安定はしてます。が、数人の上司は好きなことを我慢してお金のために働いてる感じでした。その時の自分は「数年後こんな人になってしまうのかな」と思っていました。でもこの本を読んだら自分に足りないものを見つけました。特に失敗しても成功しても幸せと思うことを。しかも主人公とほぼ同じ若手なので「自分にも成功に導くことができる!」と思いました。この本で学んだ事を普段から意識していきたいです。そして、
この本の続きもあると聞いたので是非読んでみたいです!
2018/05/24 H.Oさん ( 女性 23才 ) 「ユダヤ人大富豪の教え(文庫本)」(書籍)
素晴らしい本をありがとうございます。
最近人生を変えたいと思わされるような出来事があり
ご縁がありこちらの本を読みました。
ふつふつと湧き上がる感情があり、思わずカフェで泣いてしまいました。
本当に書いてある、この通りだと思います。
本を読むとわかる本田さんの素晴らしい人格にも感動してしまいました。私もこういう人になりたい、みんなに自信勇気を与えることができる人間になりたい。なれる、なるんだ!!と思いました。(笑)
わたしの今の目標が本田さんとお仕事を一緒にさせていただけるような人格になりたいになりました。何年、何十年かかるかわかりませんが、1日1日大事にして目標に向かって生きていきます。人生の転機にしていきます。
この本をもっと沢山の方が読み、もっと沢山の方の
人生の転機となりますように。。
最後に本田さん。産まれてきてくれて、ありがとうございます。大好きです。
2018/05/11 kei,イマさん ( 石川県 女性 48才 ) 人生の目的(文庫版)
こんにちは。
まだ1回しか読み終えてないので何回も読まないとダメだと思い本を横に置き眺めながら文章を書いています。
「大富豪からの手紙」で「タイミング」の大事さを感じました。
自分の居場所から毎日、逃げるようになってます。
誰かを傷つけないように願い自分も消えたい気持ちと戦って。
今日は、本を持って出かけてました。
母親が「この本、いい本だね」と笑いながら読んでました。
「全部、読んで見る?」って聞いたら「う~ん、老眼鏡がないと読めないから・・・」って言われて!「そこ?」(・・?
でも、本田さんの本を褒めてくれたのには驚きました。

逃げない・自分を受け入れる・感謝を忘れない。。

次の新刊も、楽しみにしてます。
2018/03/28 A.S.さん ( 愛知県 女性 20才 ) 「ユダヤ人大富豪の教えII(文庫本)」(書籍)
何百冊、何万冊とある著書の中からこの本を手に取り、読み終えることができたことにとても感激するのと同時に感謝しております。

普段自ら選ぶ本は小説がほとんどで、数ヶ月ほど前まで自分が自己啓発系の本を読むなんて想像もしておりませんでした。

数年ほど前に本屋で見かけたことはあったのですがそのときは購入には至りませんでした。
今回も、これから少しずつ自立して身の回りの事を自分で管理していくにあたりお金の知識がほしいと思って本屋に走ったものの、「ユダヤ人大富豪の教え」はそのとき一緒に購入した数冊の著書とは違って(お金持ちになりたいとかあんまり考えたことないけど、たまにはこういうの読んでみても面白いかもしれない。)という気持ちで、同時購入した他の著書よりも読み始める優先順位的なものはかなり下でした。
しかし、家に帰宅してみるとなぜかは知りませんが、一番はじめにページを開いたのはこの著書だったのです。

その後はスルスルと読み進め、あっという間に読み終えてすぐに「ユダヤ人大富豪の教えⅡ」を買いに書店に行っていました。

ものすごく共感?というのもおかしいですが、ストンと落とし込める部分が多く、こんなにも著者の考え方や書き方に引っかからずに読めたのは初めてだと思います。

また、一番記憶に残っているのが、「お金の流れを止める五つの感情」の中の「罪悪感」の箇所で、今!私が最も知りたかったのはこれだ!と思わず興奮しながら読んでいました。
私の生まれ育った家庭がものすごく金持ちだと思ったことはないですが、必要なものは買うことができるし、欲しいものも理にかなっていれば買ってもらえる、明日の生活に困るというようなことはなく、毎日食べるもの、着るものがあり、学校に行くこと、旅行ができること、恵まれた生活ができることに感謝しなさいと母親に言われて育てられたと思います。

今まで自分が楽しく毎日を過ごせることに全く感謝しない日はなかったとは思いますが(思いたいですが)、感謝と言うよりも申し訳なさの方が出てしまうことの方が多く、私のためを思ってお金を出してくれた人たち対して、ありがたいと思う一方で私なんかがこんな事をしてもらっていいのかな、同年代の友達に素直に「この間こうしてもらえて嬉しかったの」という話なんかをしたら自慢話のように聞こえて嫌がられるのではないかと思い、心から楽しめたことは中々多くはなかったように思います。

しかし、この項目に行き当たった瞬間、なんだか自分の中にあった自分で自分を許せない部分を、良いんだよ、大丈夫、といってもらえた気がして少し楽になった気がします。

著書を読んだだけでは、私の読み間違いといいますか、間違った理解の仕方も大いにあり得ると思いますので、本田健さんの考え全てをきちんとそのまま理解できたとは思っていませんが、この本を読んだことでガチガチに凝り固まっていた考え方が少し変わって、楽になった自分がいるのも事実です。

本当に私の理解の仕方で合っているのか、機会があれば是非答え合わせ願いたいところです。

長くなってしまいましたが、この本に出会えたことを大変嬉しく思います。
これからも何か迷ったときはこの本を開こうと思うほどに私の心の一つの支えになっています。
大変貴重な考えを共有してくださりありがとうございました。

投稿はこちらからどうぞ。

関連コンテンツ

sitemap

特定商取引法に基づく表記 プライバシーポリシー
本田犬

Designed by ロージー